スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ホビット&ロードのロケ地を訪ねる、NZ旅行覚書

    半年以上放置していて本当にすみません。。。
    ちょこは元気です。いろいろ忙しくしております。
    映画(ホビット3)の感想も途中だったのですが、書く前にBBCのほうでなんとなく言いたかったことを書いてる記事を読んでしまい、それで満足してしまいました。DVDが出たら書くかもしれませんが、今のところ保留です。


    さて、ずいぶん前のことになりますが、3月に「ホビット」&「ロードオブザリング」のロケ地をめぐる、弾丸ニュージーランド旅行を決行してきました!
    すんごく楽しかったです。
    そして感動しました!
    NZ、映画関係なくリゾートに行くのでもおすすめです。

    あらゆる感想を書いている時間が今のところないので、とりあえず忘備録的に、私が使ったサイトや情報をまとめておきます。
    これからロケ地にいこう!という人の助けに、少しでもなればいいなあと思います。



    JUGEMテーマ:ファンタジー映画全般
    0

      さて、今回わたしは思い立って1か月で出発、という弾丸コースだったので、気楽な一人旅にしました。
      これで楽しめるかどうかはその人次第ですので、自分の適性と相談するとよいと思います。

      **旅の概要**
      ・出発から帰国まで1週間の弾丸ツアー
      ・ある程度旅慣れてる(例:飛行機が遅れても動じない程度)
      ・英語は留学経験があるので問題ない
      ・どんとこいバジェット旅行
      ・雨が降ってもめげない
      ・ロケ地は少数精鋭で攻める

      **旅程**
      1.成田発仁川乗換
      2.オークランド着、国内線に乗り換えてクイーンズタウン着、町を観光、クイーンズタウン泊
      3.ロケ地をめぐる乗馬体験、クイーンズタウン泊
      4.ロケ地をめぐるランドローバー、普通の乗馬体験、クイーンズタウン泊
      5.クイーンズタウン発オークランド着、夕方のんびり、オークランド泊
      6.ホビット庄観光、空港そば泊
      7.早朝オークランド発、ブリスベン乗換、仁川乗換、成田着

      **飛行機のこと**
      ・たまたま私が組んだ旅程だと、NZ航空がバカ高かったので大韓航空にしました。帰りも大韓ですが、謎ルートでした。
      ・帰りの飛行機は遅れましたが、乗継便も遅れてたのでセーフでした。仁川では走りました。いつものこと。
      ・NZ国内は、NZ航空を使いました。機内の安全のビデオでテンションがマックスになりました。Youtubeで見れるのでぜひ!このビデオを使ってるうちは、何が何でもNZ航空を使うことをお勧めします。あと、オークランド空港でアルゴナスの石が迎えてくれます。

      **宿泊のこと**
      ・なんといってもツアーと航空券が高かったので、ホテルは限りなく低予算です。
      ・クイーンズタウンは、年間通してホテル予約率97%とのことなので、早めの予約をお勧めします。
      ・わたしは Adventure Hostel Queenstownを使いましたが、お勧めです!部屋はきれい、キッチンもきれい、水回りもきれい、スタッフが丁寧。(ただし英語で意思疎通できる人向け)
      ・同室になった人たちの話を聞くと、この町のほかのホステル(あるいはB&B)に比べて、Adventureははるかにいいとのこと。わたしも、ホステルでこれだけの質が望めるとは思っていなかったので、ホステルが平気な人は迷わずここを予約するといいと思います。
      ・オークランドでは、1泊だけだったのでねられりゃいいやと思ってYWCAに泊まりました。普通です。
      ・最終日は、翌日のフライトが朝6時とかだったので、空港の近くに泊まりました。最近日本でも話題のAirbnb で探しましたが、よかったです。ただしこれも、英語ができる人に限ると思います。

      **ツアーのこと**
      今回の旅のハイライトは2つ。
      1.クイーンズタウン周辺のロケ地をめぐる
      2.ホビット庄

      1.クイーンズタウン周辺では、ローハン、ロリアン、アイゼンがルド、霧ふり山脈などが撮影されています。
      ・全部を回るツアーは、私が見たところ見つけられませんでした。なので、いくつかに分けていくことになります。
      ・乗馬体験は、Dart Stableから。わたしは乗馬初心者なので、午前のRiders of the Ring₍2015/4/1で終了)と、午後のRiver Wildに参加しました。合計で4時間弱かな?
      ・ガイドさんが馬に乗りながら点在するロケ地を教えてくれますが、写真を撮りたければ自己申告して止まってもらうしかありません。なんとか取れました。
      ・撮影の時の様子なんかも話してくれるので、楽しいです。
      ・がっつりロケ地だけ見る、というよりは、馬に乗りつつロケ地も見れる、くらいのスタンスでいくと満足します。
      ・しかし、ホビットや仲間たちも馬で移動していたわけで、その気分を少し味わえるのがいいところですね。

      ・ランドローバーは、いくつか会社があるのですが、Nomads SafariのSafari of the Scenes- Wakatipu Basin に参加しました。半日ツアーです。
      ・四駆にのってがたごと進みます。車酔いする人はたぶん無理。
      ・ガイドさんがいろいろ説明してくれながら、いくつかのスポットを巡ります。ローハンとか、アンドゥインとか。
      ・映画を見ていない人も楽しめるように、半分くらいは映画にあまり関係のない場所です。でも絶景なので、良かったと思います。
      ・「映画のロケ地!」「あのシーンのあの角度から見たあの場所!」みたいな映画オタクには、物足りないかもです。わたしは原作マニアの映画好きなので、満足しました。

      ・ロケ地関係ないので今回はリサーチしてなかったのですが、Milford Soundという場所があって、そこは絶対見るべきNZの絶景だそうです。帰り際に知ったので、いけなくて残念。時間のある人はぜひ行ってみてください。

      2.ホビット庄
      オークランド発着の、半日ちょっとのツアーです。
      ・ホビット庄のロケ地は私営農場の中にあるので、中に入るにはツアーに参加する必要があります。周りの町からの交通込のツアーに参加するか、自力で現地に行ってその場でツアーに参加するかの2択ですが、個人旅行者は前者になるかと。ちなみに、オークランドからバスで2時間半くらいです。
      ・これもいろいろなツアーがあるのですが、私が利用したのはViator というサイトのSmall Group Tour というもの。これは、通常20人くらいでロケ地を回るところを、10人くらいの少人数で行えるもの。また、通常はロケ地の外で昼食になるところが、ロケ地内の大テントで昼食を食べられる。
      ・ちなみに、わたしが一番参加したかったのは、ロケ地の通常オープン前に到着して、緑竜館で朝食を食べられるというEarly Access Tour だったので申し込んだんですが、参加人数が足りずに、上記のツアーに変更になりました(泣)
      ・Viatorではほかにもいろいろなツアーが掲載されていますが、上記二つはおなじツアー会社が提供しているもので、とても質もサービスもよいと思います。ホテルまで送迎もついていました。
      ・ほかのツアー会社で、ホビット庄と洞窟のセットのツアーなどもあるのですが、個人的にはホビット庄だけのツアーがおすすめです。なぜかというと、参加者が全員マニアだから(笑)。わたしは一人参加でしたが、同じく一人で参加しているカナダ人のおばちゃんとずっとおしゃべりしていました。ほかの参加者も、みんな映画・原作に一家言ある人たちばかりなので、ひたすら楽しいです。投げたネタはちゃんと拾ってくれます(笑)ほかの観光と抱き合わせだと、こうはいかないんじゃないかな。

      **お金のこと**
      ・ちょっと予想外でしたが、NZの物価は高いです。東京並。
      ・食事もお金かかりました。コーヒー1杯で5ドル(500円くらい)するとか、思ってませんでした。バーガーは10ドル超えました。
      ・一人旅だと外で食事、という感じでもないので、スーパーで買ったりホステルで作ったりでした。それなら比較的安いです。
      ・ツアーもいい値段しますが、この体験はたぶん一生に一度です!ツアーにはお金を渋らない!!基本的にどのツアーも似たような値段なので、内容に納得のいくものを選ぶのがいいと思います。

      **食べ物のこと**
      ・素材はいいです。NZビーフのバーガーおいしかったです。果物もおいしかったです。
      ・でもやっぱり、グルメ旅行向けの国じゃないんじゃないかな。グルメ旅行はヨーロッパでしましょう。
      ・意外とスシ屋とか多くてびっくりしました。怖くて入ってないですが。

      **治安のこと**
      ・ある程度旅行慣れしている人にとっては、とても安全な国だと思いました。女性一人でも大丈夫です。
      ・それでも日本より警戒は必要です。きちんとしていれば安全、ということ。
      ・クイーンズタウンは観光客しかいないような町でしたが、オークランドは普通に暮らしている人がたくさんいる町でした。危なくはないと思うけど、きれいではなかったです。あとたぶん、歩く道とか時間帯は気にしたほうがいいです。ロンドンでいうところの、ちょっと東の雰囲気を感じました。


      **まとめ**
      言葉がわかるっていいなあ、と久しぶりに感じた旅でした。クイーンズタウンの、あの山脈と湖という風景(イギリスにはないからヨーロッパに行かないと見れないような風景)を、英語圏で体験できるというのは、新しい発見でした。
      ホステルの人とか、ガイドの人とか、ワーホリの人が多かったです。なので、英語は比較的わかりやすかったです。
      大自然に触れるのっていいなあ、と思った旅でもありました。わたしは普段インドア派ですけどね。

      そして何より!あの風景!あの場所!!にいられるというのが、とてもとても幸せでした!
      また行きたいなニュージーランド!!

      ロケ地に関しては、私はネットの情報を頼りに探しましたが、向こうでロケ地ガイドを2冊買ってきました。
      なにがなんでもできるだけ多くのロケ地を周りたいという人は、予習してから行くといいと思います。


      これからロケ地に行きたい!という人の参考になればうれしいです。

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 23:27
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        search this site.

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        クリックお願いします☆

        にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ にほんブログ村 本ブログ 洋書へ ブログランキングならblogram

        ブログピープル

        参加中

        ちょこさんの読書メーター

        2013 Reading Challenge

        2013 Reading Challenge
        Chooko has read 0 books toward a goal of 100 books.
        hide

        カウンター

        recent comment

        • 嵐が丘 /エミリー・ブロンテ "Wuthering Heights"
          ETCマンツーマン英会話
        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
          ちょこ
        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
          ysgr
        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
          ちょこ
        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
          だいこん訳者
        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
          ちょこ
        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
          Yoshi
        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
          ちょこ
        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
          Mana
        • 映画「図書館戦争」の公開が4月27日とか
          ちょこ

        recent trackback

        • ”Heaven is for Real” 『天国は、ほんとうにある』/トッド・バーポ
          0ing

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        エマ (上) (ちくま文庫)
        エマ (上) (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
        ジェイン・オースティン

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR