スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    BBC Sherlock Season 3/シャーロック S3E1「空の霊柩車」

    ものすんごく久しぶりなのに読書ネタでなくて申し訳ありません。

    最近、BBCドラマのSherlockにはまっていて、せっかく今日から日本でシーズン3が放送されているので、一言二言感想です。

    知らない人のために:Sherkockは現代版”シャーロック・ホームズ”で、21世紀ロンドンが舞台です。
    なので、ホームズもワトソンもスマホ常備、パソコン使いまくり、科学捜査ばっちり、爆弾も遠隔操作、と、とても現代的な中で、シャーロック・ホームズなんですよ。
    原作を読んでいる人も楽しめる、凝った作りです。さすがBBC。

    一応ドラマ未視聴の方のために、大きなネタバレはなしで書くつもりですが、ばれてたらすみません。

    シーズン2の最後、ライエンバッハの滝で死んだはずのシャーロックが帰ってきた!
    というところから。
    ジョンはメアリーと婚約…というところでシャーロック帰還です。

    シーズン1では超人シャーロック、シーズン2でジョンに気を許している人間らしい部分が見えたシャーロックですが、シーズン3ではE1でジョンが言っているように「普通の人」シャーロックが楽しめます。


    いくつかの事件が交錯しているかのようなE1ですが、ジョンの事件と爆弾事件、二つをつないでいるのが「ガイ・フォークス・ナイト」と呼ばれるイギリスのお祭りと、その由来です。

    詳しい説明はウィキ先生をご覧いただくとして、ざっくり説明するとこんな感じ↓。
    チャールズ2世の時代、1605年11月5日に未然に防がれたイギリスのテロ。
    プロテスタントが王であることを嫌がったカトリックの人たちが、国王が国会議事堂(ビックベンのあるあの建物)にいる間に、爆破しちゃおうぜ!とテロを計画。
    建物の地下に爆薬を仕込む。
    ガイ・フォークスが見張りとして残る。
    裏切り者がちくったため、ガイ・フォークスをはじめ首謀者は逮捕、処刑。
    イギリスの、ひいては世界の歴史が変わっていたかもしれない大事件です。

    で、現在イギリスでは、11月5日に「ガイ・フォークス」の人形を作って街を練り歩き、最終的にかがり火でその人形を焼き、花火をあげます。
    これはガイが火刑にあったからではなく、もし計画が成功していたら、国会議事堂が爆破して燃えていたよね、無事でよかったね。
    ということらしいです。
    イギリスのお祭りえぐい。

    これを知っているかどうかで、今回のエピソードの理解度は少し高まるかな?


    あと、日本語訳でどうなっていたか確認しそびれましたが、"Underground Network"の言葉遊びは、イギリスならではですね。
    アメリカでは地下鉄をsubwayといいますが、イギリスではundergroundといいます。


    いやそれにしても、シャーロックの「普通の」というか、あの悪巧みして成功して楽しくて仕方がないという、あの笑顔!
    シーズン1に比べて、本当に人間らしくなりましたね。
    残りの2エピソードもたのしみです。


    ドラマを見て気に入った人は、原作も読んでみると楽しいですよ!
    ドラマが2倍3倍楽しめること請け合いです!!
    今回のエピソードの元ネタは、『シャーロックホームズの帰還』に入ってます。
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 22:58
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        search this site.

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        クリックお願いします☆

        にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ にほんブログ村 本ブログ 洋書へ ブログランキングならblogram

        ブログピープル

        参加中

        ちょこさんの読書メーター

        2013 Reading Challenge

        2013 Reading Challenge
        Chooko has read 0 books toward a goal of 100 books.
        hide

        カウンター

        recent comment

        • 嵐が丘 /エミリー・ブロンテ "Wuthering Heights"
          ETCマンツーマン英会話
        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
          ちょこ
        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
          ysgr
        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
          ちょこ
        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
          だいこん訳者
        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
          ちょこ
        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
          Yoshi
        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
          ちょこ
        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
          Mana
        • 映画「図書館戦争」の公開が4月27日とか
          ちょこ

        recent trackback

        • ”Heaven is for Real” 『天国は、ほんとうにある』/トッド・バーポ
          0ing

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        エマ (上) (ちくま文庫)
        エマ (上) (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
        ジェイン・オースティン

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR