スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    新装版『華胥の幽夢』十二国記/小野不由美

    発売から3日経ってしまいましたが、読み終えたので感想です。

    今回は短編集。
    内容は以前と変わらず、挿絵の代わりに各話に扉絵が付きました。

    <簡単なあらすじ>
    「冬栄」
    泰麒が漣国を訪れる話。
    自分が麒麟として何もできないことで悩む泰麒と、廉王の交流がメイン。
    戴のいろんな人が出てくるのや、『風の万里〜』でちらっとしか出ていなかった廉麟が出てくるのが見どころ。
    扉絵は戴主従と漣主従。

    「乗月」
    芳の仮朝を支える月渓のもとに、景王の使者が来る。
    どうしても仮王の座につこうとしない月渓の、峯王への思い。
    月渓と使者との会話など。
    慶国官吏の外向きの顔が見れるのがよい。
    扉絵は月渓、かな?

    「書簡」
    楽俊と陽子の文通。
    それぞれ新しい場所で、がんばってるよ、という話。
    雁の大学の様子が知れておもしろい。
    扉絵は楽俊。最近ずいぶんかわいくなりましたね。

    「華胥」
    短編集のメイン。
    正道を求め続けているにも関わらず、沈もうとしている才国の話。
    なぜ国が沈むのか、国の理想とはなんなのか、という話でもあるけれど、
    最後までもやもやした闇が晴れない感じが、なんとも重いですね。
    『丕緒〜』に通じる暗さがあります。
    扉絵は、才主従と栄祝、朱夏、青喜かな?…青喜ってこんなん…?

    「帰山」
    利広と風漢が、沈みかけている柳でたまたま出会って、国について語る話。
    十二国の王朝の総まとめっぽい感じで、この世界を俯瞰で見れる感じ。
    最後の宗一家が和む。
    扉絵は利広と風漢。

    <あらすじここまで>

    『丕緒〜』とは反対に、国の中枢を成す人々の会話がメインです。
    読者としても、別のところで読んだ人たちのことが、端々に出てくるので楽しいです。
    とはいえ、『丕緒〜』で描かれていた人たち同様、偉い人たちもいろいろ悩んだり考えたりしているんだね、というのがわかるので、この2冊の対は面白いですね。

    続きを読むから、ネタバレを含んだ感想になります。



    JUGEMテーマ:小説全般
    0

      『華胥〜』の中で一番好きなのは、やっぱり「乗月」ですねー。
      利広も風漢も大好きです。
      それに加えて、今まで読んできた王朝の様子なんかも知れるのが楽しいです。
      新装版では次に出る『黄昏の岸 暁の天』で、氾王がお出ましになっているので、あのお方が実はなかなかすごいんだ、とか、珠晶も頑張ってるじゃん、とか。
      シリーズ主人公だから当然だけども、陽子に対する評価がいいのもうれしいですね。

      「華胥」は、なんというか薄暗いミステリー調で、采麟の様子がとても哀れで、読んでいてちょっとつらいですね、
      しかし最後に、現采王の黄姑が出てくるあたり、小野主上はさすが伏線に抜かりがない…と思わされます。
      こういうばらし方も、『丕緒〜』につながる感じですね。

      あとは…そうですね、桓タイのぴしっとした姿とか、珍しいですよね。


      感想はこんな感じです。
      何度も読んでいる作品なので、今回は熱も低めです(笑)

      次回、『風の万里 暁の天』が楽しみですね!

      にほんブログ村 本ブログへ
      にほんブログ村
      十二国記 新装版 華胥の幽夢 小野不由美 短編集 ネタバレ 感想 読書感想 小説 新潮社

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 22:01
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        search this site.

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        クリックお願いします☆

        にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ にほんブログ村 本ブログ 洋書へ ブログランキングならblogram

        ブログピープル

        参加中

        ちょこさんの読書メーター

        2013 Reading Challenge

        2013 Reading Challenge
        Chooko has read 0 books toward a goal of 100 books.
        hide

        カウンター

        recent comment

        • 嵐が丘 /エミリー・ブロンテ "Wuthering Heights"
          ETCマンツーマン英会話
        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
          ちょこ
        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
          ysgr
        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
          ちょこ
        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
          だいこん訳者
        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
          ちょこ
        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
          Yoshi
        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
          ちょこ
        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
          Mana
        • 映画「図書館戦争」の公開が4月27日とか
          ちょこ

        recent trackback

        • ”Heaven is for Real” 『天国は、ほんとうにある』/トッド・バーポ
          0ing

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        エマ (上) (ちくま文庫)
        エマ (上) (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
        ジェイン・オースティン

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR