スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    内田樹『街場の読書論』『街場の文体論』

    評価:
    内田樹
    太田出版
    ¥ 1,680
    (2012-04-12)

    評価:
    内田樹
    ミシマ社
    ¥ 1,680
    (2012-07-14)

    しばらく小説ばかりだったので、久しぶりに読んだ評論(になるのかな?)です。
    面白くて、2冊一気によんでしまいました。
    といっても、それなりに時間かかっているんですけどね。


    まず『街場の読書論』。

    はじめの「読書棚」では、様々な世界文学を発端として、興味深い議論が展開されています。
    メモを取りながら読む、という癖がついていないもので、具体的になにがどうよかったのか、というのが難しいのですが…。
    すでに読んだことのある作品もいくつか取り上げられていました。
    短いながらも、読み応えのある文章で、ふむふむなるほどー、と思いながら読みました。

    この、「ふむふむなるほどー」が結構すごいことで、原作を全く知らないで読んでいるのに、なんとなくその作品のポイントが分かった気になるのです。
    内田氏が『読書論』の後半の部分でもなんどか繰り返していますが、「リーダビリティー」=読みやすさ/理解のしやすさ、というのが、行きわたっている文章なんだと思います。

    読んだ後で、自分も賢くなった気がするのです。

    後半部分では、ご自身の著書などに関するコメントや随筆が展開されています。
    こちらも、私は内田氏のほかの著書を読んだこともないのに、
    「ほうほう、これはこういう本なのね、なるほどためになった」、と思わされるので、お見事としか言えません。

    本を読むことについて、本について、本を書くことについて、考えるきっかけをくれる本でした。


    次に『街場の文体論』。

    こちらは、神戸女子学院大学での「クリエイティブ・ライティング」の講義をまとめたものだそうです。
    なので、『読書論』とは異なり、全体がつながっています。

    話は「創造的な文章を書くこと」「エクリチュール」から始まり、言語学や語学教育、日本語のこと、書くという行為のことなど、四方にわたります。
    内田氏は(本を読む中でわかったことには)、フランス文学・哲学を専門とされているので、そちらの方面の話も随所に織り込まれています。
    私は生憎フランス語はできないので…せめて英語に置き換えられるかなぁと考えたりして読みました。

    私も仕事でまがりなりにも言葉を扱っているので、言語学や語学教育に対する内田氏の論には、興味深い点がいくつもあり、また自分の認識を改めさせられることもありました。

    「語学というのは、自分の利益のためにするのでは上達しない、他者の文化に同期することをとおして、自分の内面を豊かにするという目的でなければ、ある程度以上できるようにならないし、結局、自分の檻から抜け出すこともできない」(うろ覚え)
    という論を読んだときには、ああ、自分が感じていたのはこれなんだ、と思いました。
    いままで、この感じを言語化できていなかったのですが、ここで出会えたので、これから使わせていただこうと思います。

    ともあれ、言葉って奥が深いな。


    それから、本書のなかでも散々繰り返されている、リーダビリティーのことも、よくよく考えさせられました。
    まだ考えているだけですが。

    誰にでも読みやすい文章、というのは無理ですが、自分がメッセージを届けたい人が読みやすい文章、を書けるようになりたいものです。

    ここで読者の設定が出てきて、脳内では「読者」の存在に関する議論が繰り広げられていくわけですよ…
    門前の文学屋は、なかなか難儀です。


    内田氏はブログも持っておられますが、これもまた興味深い内容で、読書や教育に限らず様々な分野のことを書いておられます。
    そちらもぜひ。


    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村

    内田樹 街場の読書論 街場の文体論 書評 読書感想 語学 教育 読書

    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 18:17
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2018/06/09 2:32 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        search this site.

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        クリックお願いします☆

        にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ にほんブログ村 本ブログ 洋書へ ブログランキングならblogram

        ブログピープル

        参加中

        ちょこさんの読書メーター

        2013 Reading Challenge

        2013 Reading Challenge
        Chooko has read 0 books toward a goal of 100 books.
        hide

        カウンター

        recent comment

        • 嵐が丘 /エミリー・ブロンテ "Wuthering Heights"
          ETCマンツーマン英会話
        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
          ちょこ
        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
          ysgr
        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
          ちょこ
        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
          だいこん訳者
        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
          ちょこ
        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
          Yoshi
        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
          ちょこ
        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
          Mana
        • 映画「図書館戦争」の公開が4月27日とか
          ちょこ

        recent trackback

        • ”Heaven is for Real” 『天国は、ほんとうにある』/トッド・バーポ
          0ing

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        エマ (上) (ちくま文庫)
        エマ (上) (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
        ジェイン・オースティン

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR