スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『シェイクスピアに出会う旅』熊井明子

    イギリスに留学する前は、シェイクスピアにまこれっぽっちも興味がなかったのですが、授業で勉強して舞台を見てからというもの、シェイクスピアの楽しさに取りつかれています。
    といっても、がっつり読み込むほどではないので、たまに目にすると楽しくなる、程度ですが。

    なので、この本も図書館に出ていたのを思わず手に取ってしまいました。
    ただの随筆ならば読まなかったかもしれないのですが、本書の構成は

         第1部 シェイクスピアの香り
         第2部 シェイクスピアへの旅
         第3部 シェイクスピアを楽しむ

    となっていまして、第1部の「香」の部分を読んでみたら面白かったので、借りるに至ったわけです。

    わたしはシェイクスピアの研究書には全く詳しくないので(それこそ膨大な量がありますし)、実際はどうなのかわからないのですが、シェイクスピアの作品に出てくる植物とその香りをテーマにした本はこれがはじめて、と銘打ってあります。

    で、1部では、シェイクスピアの戯曲に出てくる植物や、その香りが当時どんな用途に使用されていたかなどの解説があり、なかなか興味深いです。
    一口にバラといっても品種によって香りが違い、花言葉や連想するイメージも様々なため、場面ごとに読みわけが必要であったり。
    そういった解説や考察は大変興味深く、さらに知りたくなりました。

    一方で、出典や参考文献が載っていないので、自分で調べようとする時にはまったく参考にならないのが弱点でしょうか。
    ある程度品種まで特定するのであれば、出典はほしかったなぁというのが正直なところですね。


    また第2部第3部になると、シェイクスピア作品の考察ではなく、シェイクスピアに絡めた著者のイギリス旅行の思い出や、シェイクスピア関連の商品への言及がおもになります。
    著者のファンで随筆にこそ興味がある、という人にはとても面白いのではないかとおもいます。

    が、読み始めが学術的興味によっていたため、わたしはあまり受け付けませんでしたね…。
    個人的な嗜好ですが、「きっとシェイクスピアもこうしたのではないのかしら…」のような、想像たくましく夢見るような文体が頻繁に出てくるのは苦手でして。
    ついつい妄想してしまう著者の気持ちも十分わかるんですけどね。
    自分も気をつけなくちゃいけないと思いました。


    えー、そんなわけで、学術的興味からこの本に対する評価は低いのですが、「シェイクスピア関連の軽いエッセイが読みたい」という人にはとてもおすすめです。
    イギリス行きたくなりました、またしても。

    JUGEMテーマ:英文学
    にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

    [検索ワード] シェイクスピア エッセイ 香水 英文学 研究所 読書感想 イギリス
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 00:10
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        search this site.

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        クリックお願いします☆

        にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ にほんブログ村 本ブログ 洋書へ ブログランキングならblogram

        ブログピープル

        参加中

        ちょこさんの読書メーター

        2013 Reading Challenge

        2013 Reading Challenge
        Chooko has read 0 books toward a goal of 100 books.
        hide

        カウンター

        recent comment

        • 嵐が丘 /エミリー・ブロンテ "Wuthering Heights"
          ETCマンツーマン英会話
        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
          ちょこ
        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
          ysgr
        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
          ちょこ
        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
          だいこん訳者
        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
          ちょこ
        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
          Yoshi
        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
          ちょこ
        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
          Mana
        • 映画「図書館戦争」の公開が4月27日とか
          ちょこ

        recent trackback

        • ”Heaven is for Real” 『天国は、ほんとうにある』/トッド・バーポ
          0ing

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        エマ (上) (ちくま文庫)
        エマ (上) (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
        ジェイン・オースティン

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR