スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『文士厨房に入る』ジュリアン・バーンズ/初級料理人の悩み

    評価:
    ジュリアン・バーンズ
    みすず書房
    ¥ 2,520
    (2010-05-20)

     イギリス人作家バーンズの、料理エッセイ。
    もとはThe Guardian というイギリスの新聞に連載されていたようです。
    なので、基本的に各エピソードは独立しています。

    男子厨房に入らず、で育ってきた著者が、必要に駆られるところからはじまって料理をはじめます。
    ところが、料理本を開いてみても、困惑することだらけ。
    その葛藤がとてもユーモラスに描かれています。

    たとえば、料理本によくみられる問題として、バーンズは次のようなことを挙げています。

    「玉葱に関する問題をとりあげてみよう。…問題なのは次のような点にある。
    (1)レシピの執筆者にとって、玉葱の大きさは「大」「中」「小」の三種類しかない。買い物袋の中の玉葱を見ると、カーリング競技の石くらいの大きさから、エシャロットほどの小さいものまでいろいろある。にもかかわらず、である。…
    (2)レシピで適用される動詞は、概して、「薄切りにする」と「刻む」であり、わたしはそれが、異なる動きを示唆しているものと理論的に推測する。…「薄切りにする」には、「ごく薄く」と条件を付けられる場合があり、また、「刻む」は、「ごく小さく」か「粗く」の条件が付く場合がある。ということは、五通りのメソッドのうち、どれを支持されるかでナイフの動かし方が決まるわけだ。そこで、自然な成り行きとし、文士は、常識的なケースと逆のケースについて自問する―玉葱の切り方がふつうじゃない料理を、出したり出されたりしたことがあったか?いわずもがな、皆無である。」(pp.30-31)

    とこんな風に、料理本によくみられ、料理をする人なら気にしないであろう単語が、いちいち引っかかってしまい先に進まない、という苦悩がひしひしと伝わってきます。

    「それにしても何故料理本が、外科手術のマニュアル同様、正確に書かれてはいけないのか?・・・なぜ、レシピにある言葉が小説の言葉と同じだけ重要で会ってはいけないのか?小説の言葉のせいで精神的な消化不良になり、レシピの言葉で、今度は肉体的な消化不良になるものがいる。」(pp.13-14)

    こういった料理本と料理との格闘をつづった、ウィットに富んだおもしろいエッセイです。
    訳者の方もあとがきで言及しているように、この「ウィット」がイギリスらしさをよくだしています。

    あとは、書き方がとても理屈っぽいというか、理屈をこねまわしていく中にウィットが潜んでいるというか、そういう書き方です。
    文体にしても内容にしても、共感するひとは結構いるのではないでしょうか。


    イギリスの料理といえば、「まずい」という定評が先行していて、わたしもイギリスに留学していたというと、「ごはんまずいんでしょ?」と二言目にはきかれていました。
    答えは、はいといいえ両方です。

    イギリスはちょっと北にありますが、農作物はとれるし肉もある魚もあるし、食材としてはそれなりに恵まれています。
    ヨーロッパからも食材が入ってきていますし、近年はちょっとした食ブームで、フランス・イタリアはもちろん、ヨーロッパの食材全般、中華、インド、東南アジア、アフリカ、中東の食材も、スーパーで簡単に手に入ります(大英帝国の遺産はすごいですよねぇ)。
    田舎ではさすがに何でも手に入るわけではないですが、基本的に自分で料理ができるのであれば、イギリスで食べるものには困りません。

    外食も、ピンからキリまであるとは言っても、おいしいお店もたくさんあるので選び方を間違えなければ外しません(旅行者で「おいしいものがなかった」というのは、リサーチ力と度胸の問題だと思われます)。
    スーパーや小売のお総菜も充実していて、その充実度は日本よりもいいんじゃないかとさえ思います。

    ただ、イギリス人が料理ができるか、というと…。
    できる人はできるのですが、できない人は壊滅的です。
    塩コショウで下味をつける、ということを知らないのかと…。
    で、下味もつけていない肉料理が、平気で外食でもでてくるので、その辺が気を抜けないところです。

    バーンズのように、四苦八苦しながらレシピに取り組めばいいものの、その努力をしないひとも大勢いる、というのが現状でしょうか。
    イギリスの食事情が垣間見えます。

    あ、垣間見えるといえば、この本、まったくイギリス文化やイギリスの食に興味のない人には面白くないかも。
    短期間でもイギリスに滞在して、イギリスの食にふれている人にとっては、「あーあの料理ね、わかるわかる」となるのですが。
    イギリスの食の洗礼を受けた人向け、ですかね。



    にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

    [検索ワード] ジュリアン・バーンズ エッセイ 随筆 料理 料理本 読書感想 イギリス 小説
     
    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • 09:39
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        search this site.

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        クリックお願いします☆

        にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ にほんブログ村 本ブログ 洋書へ ブログランキングならblogram

        ブログピープル

        参加中

        ちょこさんの読書メーター

        2013 Reading Challenge

        2013 Reading Challenge
        Chooko has read 0 books toward a goal of 100 books.
        hide

        カウンター

        recent comment

        • 嵐が丘 /エミリー・ブロンテ "Wuthering Heights"
          ETCマンツーマン英会話
        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
          ちょこ
        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
          ysgr
        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
          ちょこ
        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
          だいこん訳者
        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
          ちょこ
        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
          Yoshi
        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
          ちょこ
        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
          Mana
        • 映画「図書館戦争」の公開が4月27日とか
          ちょこ

        recent trackback

        • ”Heaven is for Real” 『天国は、ほんとうにある』/トッド・バーポ
          0ing

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        エマ (上) (ちくま文庫)
        エマ (上) (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
        ジェイン・オースティン

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR