スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    本屋さんの本、まとめて3冊

    2012年末に出た、本屋さん関連の本をまとめて3冊紹介します。
    どれも「玄光社」から出ています。


    まず1冊目は『Tokyoブックカフェ紀行』

    東京にあるブックカフェ25件を紹介しています。
    ブックカフェが好きな人なら、行ったことはなくても聞いたことがるお店ばかりですが、まとめて見れるのはいいものです。
    お店は、「くつろぎ」「美術館」「飲み」「社交」「芸術」の5項目に分けて紹介されています。
    そのときの気分で行くお店を探すのにはぴったりです。


    2冊目は『Tokyo本屋さん紀行』
    こちらは東京にある本屋さん22件。
    古今東西、新刊書店も古本屋も、総合書店も個性派書店もバランスよく紹介しています。
    店内の写真がでているので、今まで外から様子をうかがうだけだった本屋も、今度は中に入れるかも。
    本屋さんのおすすめの本も載っていたりして、なかなか楽しめます。


    3冊目は『Tokyo Book Scene』

    内容は、本屋さんとブックカフェ、読書会とフェスティバルの紹介です。
    本屋さんとブックカフェは、上記の2冊から選りすぐりのものを掲載。
    読書会とフェスティバルは、これまで一人で本を楽しんでいた人には目新しいのではないでしょうか。
    かくいう私もその一人です。
    「本をとおしてつながる」がテーマの本なので、実際に読書会とかにも行ってみたいなーと思います。


    以上3冊、気になった本はあるでしょうか。
    こういう紹介本が増えると読書人口も多少は増えるだろうし、なにより読書人の楽しみが増えますね!
    今後もどんどん出てくれるとうれしいなぁと思います。


    にほんブログ村 本ブログへ
    読書感想 ブックカフェ 本屋 紹介 旅行ガイド ガイドブック
    0

      『ひとり会議の教科書』山崎拓巳

      今月はよく読んでいるほうなのに、ブログが全然かけておりません…。
      読むスピードに、書く時間が追いついていないという。
      短くてもいいので、できるだけ感想を書いてしまいたいと思います。 


      さて、今回の本はめずらしく自己啓発系です。

      本屋で見かけた時に、さらっと読めそうな装丁だったのと、タイトルにひかれていまして。
      自己啓発本ていろいろ見かけますが、"成功の法則"とか"なんでもうまくいく"系のタイトルとテーマはあまり好きでなくて、で、この本はもうちょっと問題解決や思考整理(ビジネスに限らず)かなと思ったのが、手にとった理由です。

      結論からいうと、わたしは得ることが多かったです。
      根本的な考え方は、

      * ひとりで「なにか」について考える時間を持つことで、問題や思考を整理する
      * 「どうなってほしいのか」「どうしたらそうなるのか」という問いにすることで、答えを見つけやすくする

      の2点です。

      実際に「ひとり会議」を行う際の手順や、効果的な質問を立てていく方法、
      会議の種類や内容、スケジュールに反映させ実行するまでなどを、例話や潜在意識の話などを交えて説明しています。

      例話や意識の原理の説明がされるので、「なぜこの手順が必要なのか」「実際のところどうするのか」が、すっと頭に入ってきて納得できました。


      読み終わってからまだ1週間足らずですが、自分でもひとり会議をはじめてみました。
      やるべきことややりたいことを考える時に、「あれはいついつできるな」「これはあそこでしてしまおう」と考えて、手帳にメモする癖がついてきました。
      実行できるかは、また別問題ですが。
      もっと続けていけば、それなりに効果が出てくると思います。

      とりあえず、毎朝10分ひとり会議、続けます!

      にほんブログ村 本ブログへ

      読書感想 実用書 


      0

        "Books Do Furnish a Room"/部屋を飾る本

        評価:
        Leslie Geddes-Brown
        Merrell
        ¥ 2,316
        (2009-10)

        丸善のワゴンセールで見つけてしまい、即購入したもの。
        「本は部屋の飾りにも家具にもなるんだよ!」という本。
        サイズは大きめで、ハードカバーです。

        購入したのは洋書なので、ちょっと面倒で本文はほとんど読んでいませんが、写真だけで楽しめる系です。
        ちょっと暗めのシックなお部屋が多い印象でした。

        本棚にぎっしり詰まった本、壁一面の本棚、床に山積みの本、椅子の上の本、キッチンにある本、などなど。
        様々な部屋に置かれた様々なタイプの本と本棚たちです。
        見ているだけで楽しいですが、日本人の小さい部屋に対してはあまり参考にならないかな、という印象。

        個人的には、以前記事にも書いた『素敵な蔵書と本棚』のほうが好みです。
        写真の色使いとかが。
        シックな色合いのものが好きな人には、こちらでもいいかもです。


        それにしても、部屋を片付けなくてはいけないというのに、どうして本ばかり買ってしまうんでしょうねぇ…


        にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
        JUGEMテーマ:Book review 

        [検索ワード] books do furnish a room 洋書 インテリア 読書感想
        0

          「本」のある空間 「本」と過ごす時間/「男の隠れ家」1月号

           めずらしく雑誌です。

          たまたま本屋で目に入って手に取りました。
          「男の隠れ家」
          メンズ雑誌なんですが、メンズ雑誌って好きなんですよね。
          こういう趣味系の特集だと、頭から終わりまでその特集を組んでくれるので。
          コーヒーブラック無糖って感じです。

          おススメの新刊書店
          個性派書店
          古本屋
          全国の図書館
          ライブラリーのある温泉宿
          本と酒とコーヒーのある空間


          という風に、とことん本のある空間の紹介です。
          全国各地なので、旅行先で本屋に寄れるかもです。
          ライブラリーのある温泉、行きたくて仕方がないです。

          多くのお店が紹介されているので、すでにいろんな特集に出てきているお店も多々ありますが、
          1冊にまとまっていることの利点は大きいかなあと思います。
          そして、雑誌が小型軽量なので、これをもって本屋を捜しにいてもいいかな、と思えます。

          雑誌はあっというまに流通がなくなってしまうので、思い立った時に買いたいですね。




          ところで、映画「ホビット」公開まであと40時間を切りました…!
          金曜日は、仕事そっちのけで見に行くので楽しみです♪♪



          にほんブログ村 本ブログへ

          [検索ワード] 雑誌 本 読書 本屋 図書館 古本 ブックカフェ 読書感想
          0

            『Study Hacks!』小山龍介

            評価:
            小山 龍介
            東洋経済新報社
            ¥ 1,575
            (2008-02-28)

            めずらしく実用書を。
            ふだん読むのはもっぱら文学系ですが、実用書とかハウツー本もけっこう好きなちょこです。

            本屋で気になっていたので図書館で借りました。
            見たのは文庫本だったのですが、もともとペーパーバックだったんですね。
            出版も2008年と、意外に古かったです。

            ライフハックの考え方で、勉強もハックしてしまおう、というのがこの本。
            時間短縮・能率アップ・効果的で持続できる勉強法を、いろんな方面から探っています。
            わたしは「ライフハック」という言葉を最近になって知ったのですが、本を読んでいった感じだと、
            「慣習による無駄を省いて、ちょっとしたコツを取り入れることで効率をあげる」という思想のものだそうです。


            内容は、
            ・ツール
            ・時間
            ・環境
            ・習慣
            ・試験
            ・語学
            ・キャリア

            なかにはすでに自分で行っているものや、経験上「そうだろうな」と思うこともそれなりにありました。

            やってみようと思ったのは、メモやアイデアをノート1冊にまとめて(ここまではすでにやっていますが)、ページの側面を辞書のように塗ることでインデックスをつけてしまう、というアイデア。
            昔のメモを探すのって大変ですよねー。

            ただこれって、今はEvernoteで似たようなことをしているので、それとの連携はどうしようかな、と思っています。
            この本が出た時には、まだEvernoteが出てなかったとおもうので、本には入っていないですねー。

            つくづく、こういう情報系の本は劣化が早いですね。
            考え方を学べれば良いのでしょうが。


            色々なアイデアがのっていて面白かったし、確かに効率が上がるだろうなと思いました。
            それは、著者の経験に基づいている部分が多いことと、"語学ハック"の項目は(ツールではなく方法論において)ほぼ全部実践済だったためです。

            それから鑑みるに、小手先の効率アップ技術はともかく、"なぜそれが効率的で効果的なのか"理解することが重要。
            そのためには、まず小手先の技術を身につけるのが早いのです、結局。
            そうしながら、自分なりのアレンジを加えるとよいのでしょう。

            1点気になるところは、この本でいう「勉強」はどちらかというと「試験用」よりで、「学問」よりではないことでしょうか。
            試験や即効性のある学習、というのがテーマなので、そんなもんだと思いますが。
            時間ハックの内容を「学問」に転用するには、ちょっと考えるのが必要だなと思います。

            にほんブログ村 本ブログへ

            [検索ワード] 読書感想 ライフハック スタディハック 文庫本 勉強法 


            0

              1

              search this site.

              calendar

              S M T W T F S
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              2627282930  
              << November 2017 >>

              selected entries

              categories

              archives

              クリックお願いします☆

              にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ にほんブログ村 本ブログ 洋書へ ブログランキングならblogram

              ブログピープル

              参加中

              ちょこさんの読書メーター

              2013 Reading Challenge

              2013 Reading Challenge
              Chooko has read 0 books toward a goal of 100 books.
              hide

              カウンター

              recent comment

              • 嵐が丘 /エミリー・ブロンテ "Wuthering Heights"
                ETCマンツーマン英会話
              • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
                ちょこ
              • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
                ysgr
              • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
                ちょこ
              • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
                だいこん訳者
              • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
                ちょこ
              • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
                Yoshi
              • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
                ちょこ
              • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
                Mana
              • 映画「図書館戦争」の公開が4月27日とか
                ちょこ

              recent trackback

              • ”Heaven is for Real” 『天国は、ほんとうにある』/トッド・バーポ
                0ing

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              エマ (上) (ちくま文庫)
              エマ (上) (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
              ジェイン・オースティン

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              links

              profile

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              みんなのブログポータル JUGEM

              使用素材のHP

              Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

              PR