スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「ホビット 最後の決戦」/ネタバレなしの感想

    昨日はついに「ホビット3」の公開日でしたね!
    長かった冒険がやっと終わります。

    遠足の日の小学生のように、朝無駄に早起きをして初日初回で見てきました♪

    毎回すごい量の感想を書いている私ですが、今回はだいぶ落ち着いているはず…です。
    とりあえず今回も、
    1.ネタバレなし(原作未読・映画未視聴)
    2.ネタバレなし
    でいきます。

    1と2のひたすらに長い考察&感想も、よろしければご覧ください。

    1.ネタバレなしの感想。
    まずは一言。
    (ほぼ)原作通りに着地して本当に良かった!!
    この一言に尽きます。
    そこに至る経過がちょっと違っても、もう許します。

    前回、ドワーフは山に入った組と町に残った組に分かれました。
    ガンダルフはアングバンドでつかまってます。
    スマウグが山をとびたって、町を襲いに行きました。

    今回の山場は、2で残っていたこれらの課題をばっと片づけたあとの、五軍の戦い(The battle of Five armies)です。
    原題ではこの「五軍の戦い」が副題になってますね。
    なのでひたすら戦い!戦い!!

    正直なところ、敵軍の数盛りすぎでしょとか、オークってあんなに統率とれる種族じゃないよねとか、トロルはこの物語の時点では、あんなに頭よさそうに動かないでしょとか、突っ込みどころはあるんですよね。
    まあ、壮大なスケールの戦闘シーン、という意味ではいいんですけど。

    ごちゃごちゃした画面ですが、それぞれがその人物らしい動きや演技をしていて、本当に俳優陣の素晴らしさには感動でした。
    トーリンの心情、ビルボのトリックスターとしてのひょうきんさと主人公としての一途さ、などなど…。
    今はちょっと時間がないので、あとでまとめて書きますね!

    ネタバレしないで感想書くと、これくらいでしょうか。
    1と2を見た人は、ぜひ3も映画館でどうぞ!
    まだ1と2を見ていない人は、DVDで見てからどうぞ!!

    にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ
    にほんブログ村


    JUGEMテーマ:ファンタジー映画全般
    0

      週末はホビット!!

      半年くらい放置していてすみません…。
      ちょこは生きてます。ちょっと忙しくてゆっくりブログを更新している時間が…!

      でも、あと3日でホビット公開ですからね!
      初日に映画見てきて、次の日にはいつものように長ったらしい感想をあげますよ!

      さて、3部作の最後、どうなるのか楽しみです。
      そして原作派の私は、ラストが改変されないかどうかがとても心配です。
      2部の時点で、原作から大分流れを変えてきていますからね。
      このままいくと危ないんじゃないかとか、いやでもPJはやってくれるはず、と思ったりとか。

      どの登場人物も大好きで、これで見納めなのが残念なんですけどね。
      歴史ものなので、きちんと終わらせてくれるといいなあと思います。

      楽しみ!!


      JUGEMテーマ:ファンタジー映画全般
      0

        映画「トールキンとルイス」

        時間がないので一言だけ!

        映画「トールキンとルイス」が2015年公開!!
        二人の友情・物語への熱意・信仰、のあたりが中心になるそうです。
        (ソースはこちら(英語サイト):http://www.christianpost.com/news/film-focusing-on-jrr-tolkien-cs-lewis-friendship-announced-123414/)

        すべてのトールキン&ルイスファンの皆様、日本公開が待ち遠しいですね!!!
        0

          映画"Heaven is for Real" 「天国は本当にある」がアメリカで公開されました

          なかなか調べられていなかったのですが、ようやく。

          以前ブログで読書感想を書いた"Heaven is for Real"ですが、いつのまにか映画になっていました。
          アメリカでは4月16日公開なので、もう始まってますね。
          イギリスなど、ヨーロッパでは5月からだそうです。
          いまのところ、日本での公開予定は見当たりませんでした。

          どこかで公開してくれないかなぁ!

          予告編はこちらから↓



          JUGEMテーマ:洋画
          0

            「ホビット 竜に奪われた王国」DVD&BR予約情報

            映画公開から1ヶ月も経っていませんが、早くもDVDとBlueRayの予約が始まっていますね。
            私はBR見れないので、DVDを購入します。

            前回、「思いがけない冒険」の時は、BRばかりが特典が豪華で、泣く泣くDVDを購入しました。
            数か月後に、DVDでもしっかりエクステンデッド・エディションが出ましたけどね!
            あれは嬉しいけど悔しかった…
            なので今回は、DVDの購入はちょっと先送りにしようかなぁと思ってます。
            たぶんね。

            DVDも楽しみですが、それよりもう一回映画館に見に行きたいなー。

            JUGEMテーマ:ファンタジー映画全般
            0

              映画「ホビット:竜に奪われた王国」/はなれ山のシーンから

              感想はつづくよどこまでも。

              今日もご訪問、ありがとうございます。
              「ホビット」の感想をかいてから、ブログのアクセス数が(個人比で)すごいことになっていて、驚いています。
              けっこう多くの人が映画が気になっているようで、うれしいです。

              さて、前回湖の町のところまで感想書きましたので、今日ははなれ山のシーンから書きます。
              相変わらずネタバレ満載なので、未視聴の方はご注意ください。
              それから、ネタバレとは言っても「原作では最後こうなるよー」的な、物語の先取りはしないつもりですので、原作未読者の方はご安心ください。
              「あのシーンは原作だとこう」とはありますが。

              それでは、続きを読むからどうぞ。

              にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ
              にほんブログ村
              JUGEMテーマ:ファンタジー映画全般
              0

                映画「ホビット:竜に奪われた王国」/感想続き

                今回も引き続きネタバレ感想です。
                未視聴者はお気をつけください。

                前回の感想は、どうもエルフたちに全部持って行かれた感があるので、今回はもっとビルボとかドワーフサイドのことを語れたらと思います。

                ところで、パンフレットを読んだら、スタッフや俳優のトールキン愛がビシバシ伝わってきて、もうなんでもいい気がしてきました(笑)

                続きを読むからどうぞ。

                にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ
                JUGEMテーマ:ファンタジー映画全般
                0

                  映画「ホビット:竜に奪われた王国」/言いたい放題の感想

                  昨日(投稿は今日になってしまいましたが)書いた感想は、比較的真面目に書いたので、そしてちょっと眠かったので、結局何が言いたいんだったか。

                  今回のは、ネタバレ全く配慮なしの、思いつくままの感想(というか心の叫び)を書き綴りますので、映画未視聴の方はご注意を。

                  長くなるのでたたみます。
                  続きを読むからどうぞ。

                  にほんブログ村 本ブログ ファンタジーへ
                  JUGEMテーマ:ファンタジー映画全般
                  0

                    映画「ホビット:竜に奪われた王国」見てきました


                    今日は待ちに待った「ホビット」2の公開日でしたね!
                    朝一で見てきましたとも!

                    今回も、全体的に良い出来の映画になっていました。
                    前回ほどの感動はなかったものの(観る側の慣れのせいで)、とても楽しみました。
                    あと1回残っているのがうれしいですね。

                    前回の「ホビット:思いがけない冒険」の感想は、真面目なもの絶叫系と2種類あるので、気になる人はそちらもご覧下さい。


                    前回同様、今回の感想も、
                    ・ネタバレなし(原作未読・映画未視聴)
                    ・ネタバレ
                    で、まとめようと思います。
                    予告編くらいは見ているものして話を進めますけどね。


                    【ネタバレなし感想】
                    続編なので、まあ1は見ているものとして話を進めます。

                    相変わらずくらい雰囲気を纏ったまま、一行の旅は続きます。
                    作品の雰囲気に関する考察や、歴史的背景に関する考察は、「思いがけない冒険」の真面目なほうの感想に載せてあるとおりです。
                    というか、見終わってから昔の記事を読み返して、今回とほとんど同じ感想だったので、映画の作りがぶれていない証拠だなと思います。
                    そういう意味で、とてもしっかりと作られている映画です。
                    だからPJの趣味がちょろちょろ入ってても、笑顔で流しますともー。

                    相変わらず、そうそうたるメンツの俳優陣に、イギリス演劇界の層の厚さを垣間見ました。
                    ビルボ役のマーティン・フリーマン、最近BBCドラマ「シャーロック」を見まくっていたので、ワトソンに見えてしまうかと思ったら、まったくそんなことなくビルボでした。さすが。
                    相変わらず元気な高齢者、ガンダルフ役のイアン・マッケラン。
                    特殊メイクのせいでもはや目力しか残っていない、トーリン役のリチャード・アーミテイジ。彼のね、偉そうなね、演技がね!!いいんですよね!
                    10歳年をとったはずの、レゴラス役のオーランド・ブルームの機敏さよ。
                    そして今回初めて見たけれど、とても渋かっこよかった、バルド役のルーク・エヴァンズ!
                    などなど。
                    さすがの演技力です。

                    そして今回も、俳優・制作陣ともに、原作愛が溢れかえっているのが、プログラムをペラペラしただけでも伝わってきました。
                    これは本当に大事なことですね。

                    さて、私が予告編を見た段階で一番心配していたのが、どうしてもファンサービスに見えてしまうレゴラスと、オリキャラの女エルフです。
                    結論だけいいますと、レゴラスの登場は、スランドゥイルパパが出てきているので、順当。
                    レゴラスを出すと、ほかにもエルフがいないとバランスが取れないので、オリキャラが出てしまうのも、順当。
                    男性キャラにすると、レゴラスの存在感が薄くなる&正直エルフをたくさん見分けるの大変なので、女性にするのも、まぁ順当。
                    なので、今回のオリキャラ・エルフのタウリエルは、妥当なキャラだったなぁと思います。
                    見せ場も結構あったしね。
                    ただし、立ち位置というか、作品内での位置づけは、うなずけないところも多少ありました。
                    ま、原作派には仕方がないことです。
                    映画派ならば、問題なく楽しいと思います。


                    さて、今回あまり真面目に考察していないので、ネタバレ無しの感想はこの程度にしておきますね。
                    初見者おいてけぼりな感もありますが、見ごたえ&出来栄え上々なので、まだ1を見ていない人は、1を見てから!
                    2は映画館で!!

                    続きを読む から、ネタバレありの感想です。

                    にほんブログ村 本ブログ ファンタジーへ
                    JUGEMテーマ:ファンタジー
                    0

                      レ・ミゼラブル「民衆の歌」比較

                      ">
                      評価:
                      サントラ,ヒュー・ジャックマン,ラッセル・クロウ,アン・ハサウェイ,アマンダ・セイフライド,エディ・レッドメイン
                      ユニバーサル インターナショナル
                      ¥ 3,160
                      (2013-03-20)

                      とうとつに、レミゼの曲を聞いていましたら、
                      今更ながら、エピローグと劇中の「民衆の歌」の歌詞がだいぶ違うことに気が付きました。
                      エピローグが好きすぎて、今まで気付きませんでした。

                      もうすでに(公式以外にも)いろいろな訳があるとは思いますが、
                      エピソードと比べるためにも、訳してみようと思います。



                      長いのでたたみます。
                      続きを読むからどうぞ。
                      JUGEMテーマ:洋画
                      0
                        続きを読む >>


                        search this site.

                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        << September 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        クリックお願いします☆

                        にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ にほんブログ村 本ブログ 洋書へ ブログランキングならblogram

                        ブログピープル

                        参加中

                        ちょこさんの読書メーター

                        2013 Reading Challenge

                        2013 Reading Challenge
                        Chooko has read 0 books toward a goal of 100 books.
                        hide

                        カウンター

                        recent comment

                        • 嵐が丘 /エミリー・ブロンテ "Wuthering Heights"
                          ETCマンツーマン英会話
                        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
                          ちょこ
                        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
                          ysgr
                        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
                          ちょこ
                        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
                          だいこん訳者
                        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
                          ちょこ
                        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
                          Yoshi
                        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
                          ちょこ
                        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
                          Mana
                        • 映画「図書館戦争」の公開が4月27日とか
                          ちょこ

                        recent trackback

                        • ”Heaven is for Real” 『天国は、ほんとうにある』/トッド・バーポ
                          0ing

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        エマ (上) (ちくま文庫)
                        エマ (上) (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
                        ジェイン・オースティン

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        links

                        profile

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        みんなのブログポータル JUGEM

                        使用素材のHP

                        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

                        PR