スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『サー・ガウェインと緑の騎士』 "Sir Gawain and the Green Knight"

    評価:
    J. R. R. Tolkien
    Oxford Univ Pr (Sd)

    作者不明、1480年ごろに書かれたとされる、アーサー王伝説の一部をなす叙事詩です。
    この詩の作者(便宜上、”ガウェイン詩人”と呼ばれることが多い)は、この長編詩のほかに、4篇の宗教詩を書いていますが、イングランドのミッドランドの方言で書かれているため(同時代のチョーサーは、ロンドンあたりの方言で書いています)、当時からあまり人気が出なかったらしく、現存する写本は1冊のみ、となっています。

    円卓の騎士の一人、ガウェイン卿の探求の物語。
    有名な聖杯伝説よりも、年代的には前の設定のようです。

    >あらすじは”続きを読む”から

    えーと、わたしは授業で読んだので、原文(アルファベットだけ現代のものに直してあって、つづり&単語は原文のまま)で読みました。
    ・・・泣くかと思いました。わからなすぎて。

    えと、この時代の英語と現代英語がどのくらい違うかというと、

    このくらい↓

    原文:Mony clyff he overclambe in contrayes straunge,
            Fer floten fro his frendes fremedly he rides.

    現代訳:He clambers over rough slopes in curious regions;
              Estranged from his friends, he rides on, ranging far.

    ちなみにこの現代訳は、単語も語順も変えてます。
    原文のもつ力強さは、現代訳ではあまり出ないですけど、原文でなんて読むもんじゃありません(苦笑)

    でも、慣れてくると、なんとなーく分かるような気がしてくるのが不思議なところ☆

    物語としては、とてもおもしろいです。



    さて、邦訳ですが、日本では上の、『サー・ガウェインと緑の騎士』のみが出ています。
    タイトルに”トールキンの”とついているように、この訳は、原文の翻訳ではなく、
    原文→現代英語→日本語、という、二重の翻訳になっています。

    んー、なので、試みとしてはおもしろいのですが・・・
    すみません、正直に言って、この翻訳好きじゃないです。

    好きじゃないというからには、ちゃんと理由があるのですが、難点は:
    ・登場人物の語り口が一定ではない。
    →緑の騎士が、「〜じゃ」とか、めちゃくちゃおじいちゃん口調だったり、「〜だろう」みたいに普通だったりと、人物像が一定しません。別に、緑の騎士って年寄りでもないのに・・・なんだか好々爺な印象を受けるので、こわくないんです。

    ・訳語の選択がたまに・・・
    →いい例が”お年玉”なんですが・・・ 新年の贈り物を交換し合うところで、「お年玉」はちょっと日本的過ぎるよなぁ、とか。

    あとは(まぁ仕方が無いことなのですが)、英語版で収録されている”韻律について”の解説と、語彙録が省略されていること。
    そりゃ、日本人の読者にはあまり必要ないかもだけれどもー。うーん・・・


    て、ところです。
    せっかくの邦訳なので、もうちょっと原文のよさが残っているとよかったのになぁ、と思います。

    どなたか、原文から直接邦訳にしてくださらないかしらねぇ?
    え?需要が無いって?
    知ってます。


    にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

    0
      続きを読む >>

      恋ってすごいね。: 『トロイラスとクリセイド』 / ジェフリー・チョーサー "Troilus and Criseyde"

      評価:
      Geoffrey Chaucer
      Penguin Classics
      ¥ 1,292
      (2004-04-27)

      えーと、中世ロマンスの授業で読みました(読まされました)。

      やっと終わりました。
      まるで拷問ですね。


      『カンタベリー物語』で有名なチョーサーの作品です。
      題材は、トロイア戦争ころのはなし(トロイの木馬で有名なあれです)。

      でもって、内容はトロイラスとクリセイドのラブストーリー。


      内容よりも、英語にやられましたね。
      古いんですよ、英語が。
      13世紀14世紀くらいですよ。
      シェイクスピアよりも前ですよ。



      まぁ、日本語で翻訳がないのもうなずけるというか・・・需要がなさそうだもんね。

      ざっとしたストーリーを知りたい人は、シェイクスピアの『トロイラスとクレシダ』なんかもいいかもしれません。



      でね、はじめは読むのつらかったんですけど、読んでるうちにおもしろくなってきました。

      だってさ、トロイラスがさ。

      彼は未亡人のクリセイドに一目ぼれするのですが、
      そのあとずーーーーーーーーーーーーーーっと、

      「彼女に会えなければ俺は死ぬ」
      「うれしすぎて死にそうだ」
      「どうすればいいんだ、もう死ぬしかない」


      と、とにかく死ぬことしか考えてないような(笑)
      そんでもって、部屋にこもってぐちぐちぐちぐち悩んでいるのです。


      一方のクリセイドはもうちょっとドライで、

      「うーん、まぁ彼は王子だし、町での評判もいいし、見た目もいいし、優しいし、
      ここで付き合っといたほうが私も後ろ盾ができるし、いいわよね。」
      てきなスタンスで付き合い始めます。

      もちろん、ちゃんと愛し合うようになりますが。


      この二人の温度差がおもしろいんだなー。



      結末は悲劇ですが、最後までこの二人のコントラストがおもしろくってなりません。

      人間のおろかさというか、そういったものは時代を経ても変わらないんだなー

      ってのを、垣間見た気がしました。



      にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ
      0

        1

        search this site.

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        クリックお願いします☆

        にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ にほんブログ村 本ブログ 洋書へ ブログランキングならblogram

        ブログピープル

        参加中

        ちょこさんの読書メーター

        2013 Reading Challenge

        2013 Reading Challenge
        Chooko has read 0 books toward a goal of 100 books.
        hide

        カウンター

        recent comment

        • 嵐が丘 /エミリー・ブロンテ "Wuthering Heights"
          ETCマンツーマン英会話
        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
          ちょこ
        • ガリヴァ旅行記 /ジョナサン・スウィフト "Gulliver's Travel"
          ysgr
        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
          ちょこ
        • 映画『レ・ミゼラブル』/「民衆の歌(エピローグ)」についてのあれこれ
          だいこん訳者
        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
          ちょこ
        • 洋書カフェ “ToBiRa Cafe”にいってきました
          Yoshi
        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
          ちょこ
        • 新装版『風の万里 黎明の空』十二国記/小野不由美
          Mana
        • 映画「図書館戦争」の公開が4月27日とか
          ちょこ

        recent trackback

        • ”Heaven is for Real” 『天国は、ほんとうにある』/トッド・バーポ
          0ing

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        エマ (上) (ちくま文庫)
        エマ (上) (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
        ジェイン・オースティン

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        みんなのブログポータル JUGEM

        使用素材のHP

        Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

        PR